パーソナライズによる情報の提示はよい判断材料

必要なものや今後必要かもしれないものを予想して勧めてくる営業マンはなかなかいません。

顧客の好みや興味や趣味を理解していて、月々の予算範囲も把握できていれば、勧められる商品のターゲットも絞られてきます。店舗においても気に入っている店は、個人の趣味によってそれぞれ違っています。接客や品ぞろえが気に入っている人もいれば、ほかの理由で来店する人もいます。店舗が気に入っている人は店に対しての信頼度も高く、情報の開示も積極的に行ってくれます。

パーソナライズは本来人間関係や信頼関係で成り立っていることをもとにして、個人の趣味や興味、性別などの情報を取得したうえで必要な情報を消費者に提供します。インターネット上での人間関係の構築は難しく、信頼関係の構築にも非常に時間がかかります。不安定な状況の中でも、消費者は欲しい情報や商品はすすんで求めてきます。乱立するサービスと少ない判断材料の中で消費者に選ばれるのは、必要な商品やサービスが提供されているサイトが選ばれます。

サイトを利用すると同様の情報が提示され、パーソナライズ化された環境ではひとつの要素からたくさんの情報が提供されることがたくさんあります。商品購入後の買い忘れの確認など、多くのデータを基にしたひとつの基準から算出された情報は大きく外れていることはありません。パーソナライズは検索結果やサイトの閲覧内容などから、個人が必要とする情報を可能な限り提示してくれる判断材料になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です