パーソナライズを考えるための重要な要素

近年ではパーソナライズが非常に注目されています。

個人の環境やそのプライバシーを重視するとともに、より的確に人それぞれの好みや行動パターンなどを予測してこれに合った商品やサービスを提供することは非常に重要なビジネスの要素として認知されており、これらを生かして商品を開発する企業も非常に増えているのです。しかしその中には本来の意味を取り違えて拡大解釈しているケースも多いので注意をしなければなりません。これまで日本においてはパーソナライズは比較的タブーとされてきた側面が少なくありません。

他人と同じような行動をすることを好む傾向にある日本人は、1部の人を除いては非常に海外からは規則正しく礼儀正しいとみられることが少なくありませんが、実際には個人の意志を明確に示すことが苦手な民族とも言われています。その中でパーソナライズを中止する事は個人の持っているこれまでの感情を大きく変えなければならない面があるためその方法については十分に注意をしなければならないのです。

そのため日本では個人の意思を尊重するための能力としてではなく、過去に個人が行った行動パターンをもとにそれぞれの要素を分析することが主流となっています。これにより確率論的にそれぞれの人の行動パターンを抽出することができ、またより多い人数が存在するパターンモデルについて重点的に商品やサービスを開発することが基本的な方法となっているのです。個人の行動から集団の傾向を認識しようと言うのが日本のパーソナライズの大きな特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です