個人情報をもとに精度を上げるパーソナライズ

現在のマーケティングは不特定多数に対するアプローチから一定の顧客層に絞り込むことを経由し、個人の特定の情報や興味をもとにアプローチするスタイルに変化してきました。

パーソナライズは個人情報をもとに利用したサイトや購入した商品から、今後必要と思われる商品の購入やサービスの利用を促進できるもとになる仕組みです。詳しい個人情報を手に入れるには顧客個人の興味を引き出すことで、より詳しい個人情報をもとに顧客の興味を引付ける商品とサービスの提供が可能になります。パーソナライズはウェブサイトの閲覧や、特定のサイトの利用状況から個人の趣味や関心を割り出します。

範囲を狭めたランダムな情報は一個人の興味を特定することはできませんが、自目的の情報を探しているときの手助けにはなります。名前のわからない商品をたくさんのキーワードで探している場合などに、合致した商品が見つかると、利用者は個人情報を提供してまでも新しい内容を求めてきます。

企業が提供する情報と消費者の興味がマッチングした時にパーソナライズの効果は有効な働きをするので、インターネットを利用する環境があれば企業は個人に対するアプローチを考えることで、確実な購買層を獲得することができます。インターネット上のサイトを利用して商品を購入したり、ニュースサイトなどを利用すると個人の興味に共通したほかのサービスや商品が提示される時があります。消費者にとっての重要な情報や興味を的確に提供することが、現在の企業に求められていることのひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です